忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
テトラ

買ったけど放置してあったので、

今日からコツコツと進めてみようと思う。

8種類のピースを組み合わせて、

問題図にある立体図形を作るもの。

条件として見取り図と同じ…だけでなく「自立する」っていうのが

ポイントらしい。。。

簡単なものだと答えが3,247通りあるものから、

まったくのユニーク解しかないものもあるとか。。。

相変わらず「ユニーク解」って言葉を聴くとシビれる(笑)

 

 

2年ほど前シルエットパズルにハマりにハマってた時期があり、
(参考:http://sasuke.iga-log.com/Category/8/

その時、一番キレッキレの状態だとピースと問題図を

見た瞬間に組み合わせ方が閃く…ってな状態が続いてました。

毎日20問近く解いていて、

頭の中が常にフル回転してるような感じでした。

しかもその期間はパズルだけでなく他の事に対しても

頭の回転が良かったのです。仕事なり、ギターの練習・譜面覚えなども

とにかく閃きが多かった。冴えていた。

 

 

ってなことを思い出して、買ったまま放置してあった

このテトラに挑戦。

今度は2Dから3D。

多分難易度は一気にあがるだろうけど、

このパズルを解き終えると、

少しは立体感覚が身についているのでは?

と思うとワクワクする。

さてさて、またしばらく、いい大人が積み木を色々組み合わせて

悶絶する日々の始まりなのです(笑)

拍手[2回]

PR
【2015/03/21 12:12 】 | パズル | 有り難いご意見(0)
タントリックス ソリティア
最近手に入れたのがコチラ。
 
 
 
(・ん・ )?

いつも遊んでる「タントリックス ディスカバリー」と同じじゃないの?

って思われるかも。

※タントリックスディスカバリーについては以下の記事にて。

「無限への挑戦」
http://sasuke.iga-log.com/Entry/575/

「Eternal Chain」
http://sasuke.iga-log.com/Entry/582/

「目指せ世界一っ!」
http://sasuke.iga-log.com/Entry/641/



これは、「タントリックス ディスカバリー」ではなく、

「タントリックス ソリティア」です。

見た目かなり似ていますが、まず大きさが違う。
 
 
 
左がタントリックスソリティア。少し大きいです。

それだけで何かゴージャスな気分(笑)


さて遊び方。

遊び方は2種類用意されていて、1つめはディスカバリと同じく

裏の数字と色で1つのループを作る。

14まであるけど、これは普段60枚近くをこなしてるので

あっさりクリア。

ちなみにこれは10枚ね。
 
  

慣れたモノで1分近くでクリア。

イエス!ラクラク!
 
 
そして次の遊び方。これが「ソリティア」たる所以と思われますが、

まず全部を裏返しにして、シャッフルします。

まあどれがどれか覚えちゃえば意味ないかも知れませんが、

シャッフルするっていうのが大事なのかと。その辺は独り遊び(ソリティア)なんで

あまり深く考えずに。


そしてシャッフルされたタイルを山として積み上げます。

付属のスタンドがとても良い感じ。



そして上から1枚ずつめくって好きな色でループを作ります。

どうしてもつなげることが出来なかったら、「ジョーカー」として

横に避けて使わなくてもOKです。

そして中に空洞を作らないほうがよりよし。
 
 
 
これが空洞ね。

究極はめくられた順番に14枚全てを使い切って、

空洞を作ることなく1つのループを作ること。


さてさてやってみよう(・へ・ )ノ



感性の赴くままに黄色をつなげてみる。

さてさて…



あっ(・へ・;)

こりゃあ繋がらないや…

っていうか最初から14枚狙うのは無謀なのかな…

数回挑戦したけど14枚接続は程遠い…

めくられる運にもかなり左右されそう…

まずは7枚くらいから挑戦したほうがいいかも。


プレイした感想としては、

運の要素(実際は全てのタイルを覚えてしまえばその要素はほぼ無くなるけど…)もあって新鮮。

もしかしたら14枚接続ってかなり難易度高いかも(・え・;)

シャッフルせずになら14枚はクリアしました。

PCとかにインストールされている「ソリティア」同様、

めくられるタイルに運命をゆだねて(大げさ)、

何度も遊んでみようと思います♪
 

拍手[2回]

【2015/03/03 19:11 】 | パズル | 有り難いご意見(0)
年越しの準備が…

年末年始は初詣ぐらいしか予定がないので、

こりゃあゆっくりと読めてない本を読んだり、

パズルでもしようかな…と思って昨日購入したのがこちら。

「カラーマッチ とり」

見ればなんとなーくルールは分かると思いますが、

念のため説明すると、3×3のマスに9枚のトリが描かれた

ピースをはめこみます。

そのとき隣同士のとりの色が一致していなければなりません。

「大変かもしれないけど答えは6通りもあるよ!」って

書いてあったのですが、

実際の組み合わせの数は、

なんとなくの計算で9の階乗×4の9乗÷4 パターンあると思うので、

6通りかよ!と思ってこりゃあゆっくり楽しめ(苦しめ?)そうだから

年末年始にもってこいかな…と思いましてね。


そして今日大掃除も一段落したので、コーヒーでも飲みながらちょっと

やってみようかな…と初挑戦。

10分後…

※ネタバレ防止の為脱色してあります。


おいおい、

解  け  ち  ゃ  っ  た  よ

嬉しかった半分、ちょっと寂しい気持ちも(笑)

さて年末年始のヒマつぶしを探さないと…

拍手[1回]

【2014/12/29 19:59 】 | パズル | 有り難いご意見(0)
IcoSoKu
最近買って楽しんでいるパズル「IcoSoKu(アイコゾク)」

テレビ等でも話題になったらしく、一時期は品薄状態だったそうですが、

先日寄った知育玩具店(好きなんです。)であっさりゲット。

内容物はこちら。



20面体の本体と…

 

1~12までの数字が書いてあるピン



そして頂点には0~3までのドットが書いてある三角形20個。



どうやって遊ぶかといいますと…

まず1~12のピンを20面体の好きなとこに刺します。



これで問題の完成!


あとは三角形を頂点の数字とドットの合計が合うように全てをハメこみます。



何がスゴいって、どんな問題にしても必ず答えが1つ存在することが証明されているようです。

そして答えは1つ「だけ」。1つでも三角形の位置や向きを間違えると完成しません。


どれどれ…とやってみること15分ほど。

できたっ!



今のところ何回か問題を変えてみたけど解けなかった…ってことは無かったです。

最初からいきなりピッタリゴールにはならないけど、

理詰めで追いかけていくと最後は駆け抜けるようにゴールに近づいていきます。


「解が1つ(ユニーク解)」と聞くととてつもなくムズかしい様に思えますが、

この手のパズルのユニーク解はゴールに近づくにつれての、近づき方の加速度が

ハンパないのでそれがとても気持ちよいです。

毎回20分近くで何とか解けているので、どうやらコツは掴んだ様。

あえて書くと「最大の数が配置されている三角形」と「何もドットがない三角形」、

この2つをどうするか?を論理的に予想して配置してから進めていくと

解き易いのでは?


考えているときの没頭感がとても癒しに感じられるし、

解けたときの気持ちよさもあるので、

ボクの最近の癒しグッズになっています(笑)

拍手[2回]

【2014/08/14 19:27 】 | パズル | 有り難いご意見(0)
ホッパーズ!

ここのところギターと筋トレが中心の生活(仕事は?w)でしたが、

またパズル熱が再燃。

てなワケで最近買ったパズル「ホッパーズ」について。

メーカーはボクの好きなパズルメーカーのThink Fun社。

セット内容はこちら。

箱もかわいらしい。カエルキャラって可愛いです。

しかし可愛いと思えるのもここまで(笑)

主役は彼ら。

緑のカエルたちのなかに一匹赤いカエルが。

こうやって並べるとなかなかの迫力(・へ・;)

そして問題シート。

全40問で10問ずつ難易度が上がっていきます。

ルールは問題カードに示されたようにカエル達をセットして、

一匹ずつ取り除いて最終的に赤いカエルのみになればOK。

カエルの移動の方法は他のカエルを飛び越すように移動させると、

飛び越えられたカエルが盤から除去されていきます。

ソリティアの類と言えばピンと来る方もいるかも。

緑のカエルで緑のカエルを飛び越してもOK。

ただし赤は最後に残さなければならないので、赤を飛び越す動きはNG。

シンプルな例で実際に見てみましょう。

これが初期配置。

まずは左上のカエルを右に動かして…

取り除いて…

右上に移動したカエルをまた左下に移動。

そして取り除いてあと少し…

最後は赤いカエルを動かして…

はいクリア!

こんな感じです。もちろん問題が難しくなるとカエルの数が増えたり、

行ったりきたりの動きが加わって難易度が徐々に上昇。

相変わらずの話ですが、Think Fun社のパズルは子供から遊べます…

とのことですが、高次問題になるとその難易度がエゲつない(笑)

大人もドップリはまれます。

このホッパーズは他のThinkFunのパズルに比べると難易度は高い方かも。

闇雲に動かしてもたどり着けません。

ある程度は最初にどれが取られるか、取るか…の目星をつけないと

途方にくれちゃうかも。

現在25問目。やっと慣れてきたかも。

さてさてどうなるやら…

そんなワケでカエルをたくさん眺めてたらカエルに対して敏感に。

我が家のこんなとこにもいらっしゃるわ…

拍手[2回]

【2014/02/04 20:32 】 | パズル | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]