忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
お手本を頼りに感覚的に探っていく


OPEND.JPG

注意:恐ろしく感覚的でマニアックな話題です。でもギターの話題です。

図は、オープンDチューニングでスライド(じゃなくてもいいですが)でソロを弾く時に使えるな~って感じた音です。キーはDです。ちなみに赤い○は、使えるけど「渋いな~」って思う音。

で、この音の数々はいろんな曲をコピーしたり休みの日にひたすらジャカジャカスライドバーで遊んでたりして得た(感じた)音の数々です。

よく「ソロはどうやったらいいの‥」とか「スケールは覚えるのが難しい‥」っていう話を聞きますが、こんな感じで手クセ的に覚えていくと身に付くものなのかな~って思ったり。

もちろん、スケールを覚えて理論的に納得した上で練習して、コピーして、考えて‥で素敵なソロを弾く方もいらっしゃるので、どういうアプローチが良いって話ではないですよね。

実際に図の中の2弦3フレットの音は‥
「ルートに対して短7度の音だから、7th終わりの渋い感じで使える」とかソレっぽく解説も出来るのでしょうが。
それに某が「使えるな~」って思った音も実際のところは「○○スケール」として存在するラインなのかも知れません。

他にもアプローチがあればご意見・アドバイスお待ちしています。図の音も参考に‥ならないか(笑)

拍手[4回]

PR
【2010/10/26 15:32 】 | スライド・ギター | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<大映ドラマで年齢詐称疑惑 | ホーム | ライブレポート(10/24:なんでモール)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]