忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
力を入れることと抜くことと
ギターを弾いているときにどうしても早弾きのフレーズが苦手でして(・へ・;)

左手の指がバタついてしまうんですね。

無理に力が入っているといいますか。

もう1つ苦手なのがハンマリング。

これは逆に力が入っていなくて綺麗に音が出し切れていなかったり。

力を入れることと最小限の力で軽やかに…

こんな風に弾ける様に…と一段上を目指すために購入。

「フィンガーウェイツ」

指にウェイトを付けて、指の力そのものを向上させるのと、

外したときに分かる「最小限の力で弾ける」感覚を養うものです。

内容物はこちら。

f9aa2c16.jpeg

フィンガーウェイツと説明書と説明DVD(DVD-Rだww)。

説明書は英語ですが、DVDが吹き替えで日本語に対応しているので、

英語はちょっと…なアナタも大丈夫!

っていうか、指に装着してDVDの動きを参考に左手を動かせばOKっ!

銀色のウェイト1つあたり10gだそうで。

5626191d.jpeg

装着する位置とウェイトの数で全部で6段階の負荷の調整が出来ます。

実際につけながらギターの練習をしている様子。

d74a0536.jpeg

ガッツリ何かの曲を弾くことは難しいですが、スケール練習などは違和感なく出来ます。

…っていうか10gでも結構重い(・へ・;)

ウェイトトレーニングでもあるので、

無理をせずに少しずつステップアップしていこうと思います。

毎日のスケール練習に取り入れてみます。

1つのレベルで4週間練習したら次のレベルに調整するそうです。

まずは年内レベル1でじっくり取り組もうと思います。

半年ぐらい続けたら効果が出るかな…?!

ちなみに拙者が購入したのはギター用です。

10個セットのピアノ用も売ってます。

参考までに。

ちなみに先述しましたが、何事も「力を入れること」と「最小限の力で行うこと」は

両方とも大切ですね。

楽器演奏に限った話ではなくて。

左手にウェイトをつけながらそんな事を考えていました。


拍手[9回]

PR
【2012/12/12 23:59 】 | ギター全般 | 有り難いご意見(0)
<<手帳と日記 | ホーム | むずかしい?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]