忍者ブログ
左手のエクササイズ

左手が自由に動けば…。そういった願いはギタリストならずとも、楽器を演奏する人なら誰でも願うもの。ほとんどの人が右利きの人生を送る中で、いかに普段使わない左手の指をウネウネ動かすか…

もちろん、ギターを使っての練習が一番効果的でかつ実践的と言えます。
でも夜中で音をならせなかったり、テレビを見ながらダラダラ練習したい(そんなときだってあります。人間だもの)…、会社や学校の休み時間でふと左手のエクササイズ…

一例ですが、僕のやっているエクササイズを紹介します。
(注意:行うときは決して無理をしないでください。ご自身が思っているよりゆっくりね。ゆっくり。)

人間の手の指の構造や、神経の構造上、隣り合った指同士を動かすのは人間そんなに苦痛ではないです。(人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指)

これが離れた指同士だとなかなかうまく動かせない。でもゆーっくりでも少しずつやれば動くようになります。指の筋肉が柔軟になったり、指自体の運動神経が少しずつよくなってきます。

finger1.JPG







この動きと…




finger2.JPG







この動きを繰り返す。これだけでも効果はあるのですが、せっかくですからミュージシャンっぽい要素を少し入れましょうか。




机でも何でも硬いものの上で…ピアノを弾くように…
finger3.JPG







この動きと、逆の曲げ方で…




finger4.JPG







この動き(※見えにくいですが、中指と小指を曲げています。親指は浮かせたまま。)


これを何かの曲の合わせて交互に繰り返します。好きな曲で構いません。でもきっと相当ゆっくりな曲じゃないと始めは成立しないでしょう。無理はしないで。ダメなら半分のビートを刻む感じで。

この練習は地味ですが、いざってときにフレットを間違えても薬指だけ動け~!ってな感じでリカバリーできたり、人差し指+親指でコードを押さえつつ、残りの指でメロディを押さえる…とかが上手になります。

ちなみに僕はライヴの出番の直前に、机の上で行っています。他の方が演奏していると自分は音を出せませんし、楽屋とかがあるライヴハウスならいいんですけど、そういう環境ばかりではありません。

アスリートと一緒で本番前のストレッチは大事なんです。

お遊び感覚でお試しを。

拍手[1回]

PR
【2010/02/08 23:43 】 | ギター全般 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<初挑戦 | ホーム | がまんできずに…>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]