忍者ブログ
AD-8 使用感


ad8mix.JPG











ひとまず、一通りいろいろイジってみたりプリセットされた設定から理想に近づけたり…

いじること4~5時間。

ひとまずは…ってレベルでライヴで使えそうな音にはなりました。もちろん追求はまだまだ続けますが、ライン直挿しの時のプリプリした音ではない時点でかなり満足してます

で、肝心の設定は3種類。

1.すこーし温かみのあるラグタイム用
2.固めの音でストローク多目の曲用

ひとまずはこの2種類を作りこみました。リバーブやコーラスは掛けない方向で。リバーブはライブハウス側で掛けてもらったほうが適切になりそうだし。うーっすらアンビエンス(空間系)は入れましたがね。コーラスは掛け始めると、ちょっと自分のジャンルとは違うかな…って。もちろん曲やジャンルによっては効果的に使うギタリストも多数いるかと思いますが。僕はトーク重視なんで(笑)

この手の機材の初心者には値段はアレですが、操作は簡単で良いかも。

他にも写真のように(って分かりづらいですが…)マイクとAD-8からの出力のMIXとかで録音してみたらかな~りナチュラルな感じになりました

こうなるとMTRとかも欲しくなr(略

あとはこの手の機材を通した音を聴きながら弾く…って経験が不足しているので、練習&慣れしかないですなぁ~。
でもあんまり機材に頼りすぎると、一番の基礎である「生音でニュアンスを出す」ってのがおろそかになるので、そちらも練習か~

もう少ししたらAD-8を使用した曲をアップしようと思います。

拍手[0回]

PR
【2010/02/22 23:53 】 | ギター全般 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<(ライヴ報告)2/27 なんでモールにて。 | ホーム | お買い物>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]