忍者ブログ
やさしいDIM

覚えられる人には、なんてことないんですけど、

あんまり出てこないし、いざ弾こうとすると


「どこだっけ?(・ん・ )?」ってなりやすいのが、

DIM(ディミニッシュ)のコード。

おぼろげに…

dim.jpg

なんとなーく、こんな感じで平行四辺形だったような…

こんな覚え方してる方も多いかと。

このディミニッシュコードのポジションを覚える「コツ」を紹介します。

 

むずかしい理論は抜きにして(興味があったら調べてみてください)、

たとえば「Gdim」というコードのポジションは、

平行四辺形の4つの音のどれかに「G」が入っていれば、

Gdimとして成立します。

つまりはこんな感じ…

gdim.jpg

ちなみにこの押さえ方は、「Gdim」でもあり、同時に…

「C#dim」「Edim」「B♭dim」でもあるのです…

ディミニッシュコードの性質上、こんな不思議な事が成り立つのです。

つまりは、「○dim」は平行四辺形のどれかに○の音が鳴るポジションを

押さえると覚えればひとまずはOKです。

 


ちなみにディミニッシュコードはこのような押さえ方もあります。

dim2.jpg

このポジションでも上記の説明と同じことが言えます。

この4つの音のどれかに、押さえたいDIMコードのどれかの音が入っていればOKです。


なかなか馴染みのないディミニッシュコードを覚えるコツの1つとして読んでいただければ幸いです。

拍手[4回]

PR
【2013/07/18 20:47 】 | ギター全般 | 有り難いご意見(0)
<< Road to the Devil Vol.8 | ホーム | Road to the Devil Vol.7>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]