忍者ブログ
カポタストが集まってきた
「カポタスト」

ギターを弾く人なら聴きなじみのある、そして持っている道具の1つかと思います。

通称「カポ」

そうです。このあとの記事はギターを弾かない人にとってはどうでも良い内容です。

弾いてる人にとってもどうでも良かったりして(笑)

さておき。

こんな風にギターにはめて使います。



そうする事によって同じ弦の押さえ方でも曲のキーを変えることが出来ます。

そんなカポですが、集めるつもりは無かったのですが、

いろいろ気になっているのを買っていたら自然と集まっていました(誇張アリ)。



ほらね。

せっかくなので、それぞれのカポに対するボクの所感でも。

何買おうか迷っている人は参考に。

まずはKyser製のもの。



持っているものの中でもお値段も比較的安くて良い感じです。

ゴムの部分もしっかりしているし、片手でつけたり外したりも出来ます。

すこーし圧が強くて音がシャープしがちな感じもしますが、

ボクはカポをつける度にチューニングを確認しているのでそれほど気にならず。

カラーも色々種類があって面白いですよ。ちなみに上のものは迷彩柄。

すなわち戦場でも敵にカポをつけたのが気づかれにくい!!

って戦場でギター弾いてる場合じゃありません。

お次はDUNLOP製。



先述のKyser製に比べてかなりずっしり。重さが気になる人は向いてないかも。

でも、ネジで締め具合を調整できるし作りもかなりしっかりしているので、

音も安定している気がします。ギターインストを嗜む人では愛用者も多いです。

さて次はSHUBB製。



これも結構愛用してる人が多いかも。

ネジで締め具合を調整できるけど、付け外しはワンタッチ。

お値段はKyser製のとDUNLOP製の間ぐらいです。

ボクがライブで愛用しているのは左のアンティークっぽい色のもの。

普通の銀色のも持っている…(これを無駄遣いというかどうか)

迷ったらこれでいいかも。

そしてG7カポ。



紹介しているものの中では一番高価です。

性能的にはSHUBB製と似てます。ネジで調整してワンタッチ装着。

全体的な作りもしっかりしていてさすが値段の程かも(3,500円くらいだったかな?)

ライブでは愛用していませんが、もちろんしっかりしていますよ!

嘘だろ?って思うかもしれませんが、つけるカポによって音色が変わります。

ゴム部分の材質やら面積やら締め具合やら…で変わるのかと推測。

ちなみにこのG7カポが一番音がきらびやかなイメージがします。

録音してアップしようと思ったのですが、違いが上手く伝わりそうにないし、

ただカポを付け替えて同じコードを弾くだけの

「ちょっと気持ち悪い動画」になりそうで断念(笑)

最後に番外編。



Kyser製ですが、パーシャルカポと呼ばれる部分的に押さえた

状態に出来るカポです。2フレット234弦を押さえるようにすれば、

なにも押さえなくてもAコードの状態がっ!(興奮しすぎ)

とりあえず変則的な使い方が出来そう。

とりあえずこれをもう1つのカポを組み合わせて弾いたこれでも聴いてやってください。



カポも色々ありまして。

こんな道具たちを眺めてるだけでも嬉しかったりします。

ご参考までに。

拍手[4回]

PR
【2014/05/02 15:51 】 | ギター全般 | 有り難いご意見(0)
<<蔦重の教え | ホーム | ライブ報告(4/12:なんでモール)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]