忍者ブログ
1音1音を大切に
ただただ漠然と弾くのではなくて、
改めて作曲者の気持ちを汲み取るべく、
1音1音読み解いてみる。
メロディは印をつけて、意識して立たせるようにしてみたり、
ベースラインが変わったら、無駄に音を垂れ流さないようにミュートしたり…
時間は掛かりそうだけど、
自分のレパートリーをもう一度1音1音見直してみようと思う。
中にはちょっとの見直しで激変した曲もあったし。
同じ台本でも演じる役者によって出来上がりが全然違うように、

楽曲のコピーもいわゆる「コピー」という言葉一言では言い表せない奥の深さを感じます。




拍手[1回]

PR
【2016/08/02 19:44 】 | ギター全般 | 有り難いご意見(0)
<<Thanks My Dear | ホーム | うまくいかないとき>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]